スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013' お盆旅行  伊勢神宮 内宮

伊勢
 車での旅行のため、名古屋から 今年式年遷宮で話題となっている「伊勢神宮」寄ることができました。
 P1060788+.jpg
 
 太陽を神格化した天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮 内宮(ないくう)と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮 外宮(げくう)の二つの正宮があり、 本来なら 外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされているが 暑いけどおかげ横丁も満喫したいし…と 今回は内宮のみ参拝致しました。

    
 伊勢神宮(いせじんぐう)の正式名称は地名の付かない「神宮」(じんぐう)です。
 他の神宮と区別するため「伊勢の神宮」と呼ぶこともあり、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」と呼ぶことも。
 神社本庁の本宗(ほんそう)。

 P1060791+.jpg

 P1060792+.jpg
 五十鈴川と御手洗場(みたらし)

 P1060797+.jpg
 新しくなる正宮(左側)
 この日は「お白石持ち」行事が行われていて、中に入っていたので羨ましかった。。。

 P1060798+.jpg
 今までの正宮(右側) 

 (垂仁天皇26年にご鎮座されてから、2000年。4重の御垣に囲まれた一番奥にあるご正殿に、天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)がお鎮まりになっています。唯一神明造(ゆいいつしんめいづくり)と名付けられる建築様式のご正殿はじめ付属の殿舎ならびに御垣は、20年に1度、式年遷宮の大祭を行って建て替えられてきました。) 

 P1060804;
 P1060803+.jpg
 内宮では、千木の先は水平に切られていて、これを内削(うちそぎ)といいます。
 ちなみに外宮では千木の先は垂直に切られていて、これを外削(そとそぎ)といいます。
 P1060811;

 
 P1060807+.jpg
 皇大神宮別宮 荒祭宮(あらまつりのみや)

 P1060816+.jpg
 内宮神楽殿 (ないくうかぐらでん)

 P1060818;
 P1060822+.jpg
 交通安全のお守りいただいてきました

 P1060813+.jpg
 パワースポット?! 外宮のパワースポットは知ってましたが、人だかりにつられて…

 他の神社にはある 狛犬、 しめ縄、 おみくじ、さい銭箱や鈴は 伊勢神宮にはなく、 神使として鶏が放し飼いで たくさんいたのには驚きました~

神さまへのお供えもののほとんどが、伊勢神宮の田や畑で作られているそうで、日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)というお祭では、外宮にある忌火屋殿(いみびやでん)という施設で、ご飯、鰹節、魚、海藻、季節の生野菜、お塩、お水、お酒などの神さまのお食事(神饌(しんせん))が調理され、毎日朝夕2回お供えされている。 また、土器でできた食器は毎回取り替えられ、土に還されているそう。
 

 P1060855+.jpg
 お参りしている中 暑いなぁ~暑いなぁ~と思っていましたが、 車に戻って外部温度見ると 40.0℃ そりゃ 暑いわけだわ…


 20年に一度の式年遷宮の今年にお参りできて 良かった~
 暑かったけれど、 内宮の中は とても神聖な感じの空気感が感じられ 凄く気持ちがよかったです 玉砂利が続くと聞いていたので、 バッチリ スニーカー履いていたのも正解!
 次はぜひ 出雲大社にも行ってみたいなぁ~…(ハワイ出雲大社で無くって…) 


 

テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行

2013' お盆旅行  伊勢神宮 おはらい町 | Home | AMEXスターウッドプリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。