スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸東京博物館 と 旧神谷伝兵衛別荘 と ラストエンペラーの弟 旧愛新覚羅溥傑邸

日帰りおでかけ
 新学期が始まり早10日経ちますが、 今回の春休みは "歴史散策"の春休みでした。

 まずは、両国駅前にある「江戸東京博物館」へお友達と…
 P1050605+.jpg
 
 初めて行ったのですが、驚いたのが常設展観覧料(企画展示観覧料を含む)が 一般 600円 、中学生(都内在学または在住)・小学生が無料と 立派過ぎる博物館なのに お安い事
 昼間は用があり、到着が3時を過ぎていた為 常設展のみまわりましたが、子どもたちも 十分楽しんでいたようで…
 写真にはいませんが、兄の方は けっこう歴史好きなので ひとり満喫?!していました。
 P1050597+.jpg
 P1050599+.jpg
 ドラマ"JIN~"にハマっていた次男も ご満悦…
 P1050602+.jpg
 P1050619+.jpg
 P1050612+.jpg
 体験型が多く、 飽きずに色々楽しめました。

 P1050615+.jpg
  東京スカイツリー完成記念特別展
  「ザ・タワー~都市と塔のものがたり~」 
    会期:平成24年2月21日(火)~5月6日(日)
    東京都江戸東京博物館 1階展示室
  
 「太陽の塔」縮尺:50分の1 
   川崎市岡本太郎美術館所蔵

 ぜひまた、 江戸東京博物館ゆっくり見に来たいです~

 
 
 また、今月のJAL会員誌「アゴラ」に載っていた 浅草の神谷バー・電気ブランで有名な初代神谷伝兵衛が、晩年の大正7年に来賓用の別荘として建てたという『旧神谷伝兵衛稲毛別荘』にも行ってみました。
 P1050579+.jpg
 初期の鉄筋コンクリート建築として全国的に大変貴重で、国の登録文化財に指定されているそう。
 入館料:無料

 P1050580+.jpg
 玄関を入るとすぐ右側に1階広間があり、床が寄木張りとなっていて、とても素敵でした。

 P1050581+.jpg
 玄関天井にはぶどうをモチーフとした照明器具

 P1050591+.jpg
 P1050585+.jpg
 2階にも、 床の間の1本のブドウの木を使った床柱 や 和室の付け書院の杉板にもブドウをモチーフにした模様が

 私たちが入る前に1組帰られたので、 貸し切り状態でゆっくりじっくり観ることができました。
 子どもたちも大きくなったので、賢く静かに説明を受けたり写真撮りまくってました…

 歩いて2~3分の並びに、中国・清朝の最後の皇帝溥儀の弟として、日中友好に貢献した『旧愛新覚羅溥傑邸』もあるというので更に行ってみました。
 P1050576+.jpg
 入館料:無料 

 こちらも先ほどの『旧神谷伝兵衛稲毛別荘』とは全く違っていますが、とっても趣のある落ち着くお家でした。
 また、ここも貸し切りで観覧させてもらいました。
 P1050571+.jpg
 P1050567+.jpg
 
 P1050573+.jpg
 "溥傑が日本語の修得などを目的に留学していた昭和7年、満州国が建国され、溥儀が帝位に就きました。このころ、溥傑の結婚話が持ち上がり、昭和11年になると溥傑の結婚相手として、嵯峨公爵の長女、嵯峨浩に白羽の矢が立てられました。この突然の話に驚いた嵯峨家ですが、溥傑の人柄に触れるにつれて、浩は勿論、嵯峨家の人たちの気持ちもなごんでいきました。そして、新婚時代の一時期をここ、稲毛で過ごしたのです。"とのこと…

 
 2件、全く違った雰囲気でしたが、 どちらもそれぞれ素敵で居心地良く、 しかも部屋から見える国道14号から向こうは、昔は海水浴場だったかと思うと、 とっても良い景色だったんだろうなぁ~と想像しちゃいました。

 
 
 江戸から昭和初期まで歴史散策の春休みでした~ 

テーマ: 日帰りお出かけ | ジャンル: 旅行

2012 GWの予定 | Home | アンケートでひとり最大80マイル! JAL[30マイルプレゼント] アンケート と JMB「旅プラス」アンケート50マイル

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。