スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月15日ハワイ島で起きた地震のその後

ハワイ・・・いろいろ
昨日の地震による被害の復旧作業はじまる
2006年10月16日(月) 14時23分
昨日の朝ハワイ島コナを震源とする、M6.6とM5.8の地震が、午前7時7分と7時14分の2回発生。ハワイ島ではハイウエー19の一部が陥没したほか、4万5000世帯が停電となりました。コナ空港は航空機の離着陸が出来なくなり、フライトがキャンセルされ、空港で乗客らが足止めとなりました。被害が最も大きかったコナでは、コナ・コミュにティ・ホスピタルの天井板が落下するなどして、閉鎖されました。
地震による被害額は、まだ分かっていませんが、数百万ドルにのぼると予想されています。今回の地震による死亡者はなく、ケガ人も数人程度と見られます。
オアフ島でも大きな揺れが感じられ、29万1000世帯が停電となりました。昨夜10時までに15万7000世帯が復旧しましたが、復旧後に再び停電になっている地域もあります。昨日は終日交通量の多い交差点では、警察官が交通整理を行いました。ワイキキへの電力回復は夜9時頃までかかり、冷房のないホテルから外へ出て歩道に座り込む、観光客の姿が見られました。ホノルル国際空港でもフライトのキャンセルや、かなりの遅れが出て、冷房のない、うだるようなロビーで、多くの乗客が足止めとなり、空港職員がうちわを配布するなど、対応に追われました。
ユナイッテド航空は出発便8便をキャンセル、到着便はサンフランシスコとロサンジェルスからの便を除いて、すべてキャンセルされました。この他アメリカン航空が5便、ノースウエスト航空が4便キャンセル、日本航空は6便の出発時刻が変更されました。
ハワイ島では昨年7月17日にも、M5.2の地震が発生しましたが、ハワイでこれほど大きな地震が発生したのは、1983年のハワイ島カオイキを震源とする、M6.7の地震以来23年ぶりです。
過去最も大きな地震は、1868年4月2日にM7.9で、この地震では大津波が発生し、81人が死亡しました。

ニュース提供★ラジオKジャパン
システム提供★モーハワイ・コム

・・・心配です。被害が少ない事を祈るばかりです・・



テーマ: ハワイ | ジャンル: 旅行

個人旅行か? ツアーか? | Home | ドキドキ 子連れ旅行 ①2006夏 グアム編・・発熱

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。